さんま刺身~おろし方は簡単!汚れないおろし方とさんまの栄養~

公開日: : 気になる食べ物 ,

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

秋の味覚の代表といえばさんませっかく生さんまが手に入るんだから刺身で食べたいもんです^^

主婦は内臓が苦手だとかおろすのが難しそうと自分で刺身を作るのためらってしまいがち!

もちろん、焼き魚にして頂いても脂が乗っているので美味しいですが、刺身で食べればEPAやDHA、ビタミン類を効率よく摂ることができるんです。

さんまには、EPAをはじめたくさんの栄養素を含んでいます。なかには、熱に弱い栄養もあります。
さんま
正確には熱に弱いのではなく加熱することで酸化してしまうと言うことです。しかし刺身で食べれば酸化の心配はいりません。

まぁ焼いたり煮たりすると酸化すると言っても全てじゃありません。内側の身の栄養は大丈夫です。

で、用意するものですが、新聞紙とまな板と包丁です。さて、さんまのおろし方、刺し身の作り方につて書いてみます。

文章だけだと分かりづらいので映像もピックアップしてみました♪

Sponsored Link

さんまのおろし方と刺身の作り方

まず、まな板を汚さないために新聞紙を敷きましょう。そのうえに洗って水気をふき取ったさんまを乗せます。これで準備Okです!

  • さんまの頭に包丁を入れ骨の部分まで切れ込みを入れます。
  • さんまの頭を掴んで腹の方に斜め下に引っ張るとうまく腹ワタがスルッ取れます。

頭と内臓は新聞紙に包んで捨ててしまいましょう。どうです?まな板を汚さないで腹ワタだけ取れたと思います。

文章だと分かりづらいので適当な映像があったので参考にしてください^^

簡単!内臓の取り方~手を汚さない下ごしらえ~

次にまな板の登場です。簡単な三枚おろしの方法について説明します。

ここでは右手を利き手として説明します。左の人は逆にしてください。

  1. 腹の付け根の穴(肛門)があるのでそこに包丁の先を入れ頭の方に裂きます。
  2. 頭が付いてた方を右にして身の真ん中ちょうど中骨の上辺りに包丁を当てます。
  3. 腹の皮を気にしながら尾まで骨をなぞる様に包丁を引く感じでおろします。
  4. 魚をひっくり返し骨をまな板側に下にして同じように骨をなぞる様に身をおろす。
  5. ハラスに包丁を立て腹骨押えるようにして身を持上げると腹骨が取れます。
  6. 身をまな板側にして頭が付いてた方の皮を摘まんで尾まで皮をひきはがしましょう。

皮をはぐときは皮を摘まんで身をまな板に押し付けるようにしてはがすのがコツです。

摂り合えずこれで三枚おろしの成功です。これも適当な映像があったので参考にしてください^^

さんまのおろし方~腹の骨を簡単に取る方法~

刺身の作り方ですが、毛抜きで中骨を取る人もいますが面倒なので包丁を寝かしてそぎ切りにしましょう。

Sponsored Link

すると、ほとんど骨を気にしないで食べられます。それか、アジのたたきと同じ要領で細かく切って刻んだ大葉としょうがなどと混ぜても美味しいです。こちらのほうが簡単です^^

器に大葉を敷いて盛り付けてください。

さんまは良質のたんぱく質が豊富

なんと驚くことにさんまプロテインスコアがほぼ100なんです。

プロテインスコアを簡単にすると、食材のタンパク質に必須アミノ酸の量がどれくらい含まれているかを示す数値です。

魚の中では言うまでもなくトップクラスで、牛肉よりも効率良くタンパク質を摂れるのがさんまということになります。

さらに、さんまの脂肪は痩せる脂と言われている不飽和脂肪酸のEPADHAなので心配いりません。

  • EPAは、血液中のコレステロールを下げ血液の流れを良くするので血栓ができにくく動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防してくれます。
  • DHAは、コレステロールを抑え脳細胞の成長を助けるので脳を活性化したりボケを予防する効果があります。

ほかにも、ビタミンのAやビタミンD、ビタミンEやビタミンB群が豊富で、

  • 皮膚や粘膜の健康や目の健康を維持する・・ビタミンA
  • 免疫力を高め骨粗しょう症を予防する・・・ビタミンD
  • 抗酸化によるがんや老化の予防をする・・・ビタミンE
  • ダイエットや糖尿病を予防してくれる・・・ビタミンB2

などの効果も期待できます。ビタミンB群は成長促進や疲労回復、生活習慣病の予防をしてくれます。

ビタミンB群のなかでも、貧血予防や快眠に効果があるビタミンB12が多いのも特徴です。

さんまってすごくないですか?旬の安い時期は毎日でも食べたい食材です^^

最後に

さんまを食べるとどんな効果があるのかまとめてみます。

  • 血流改善 糖尿病の合併症解消 イライラを抑える 貧血予防
  • 記憶力の向上 脳の老化防止 ボケ防止 コレステロールの正常化
  • 皮膚や目の粘膜の健康維持 成長促進 がん予防 疲労回復
  • インフルエンザ予防 骨や歯の健康維持 肥満予防
  • 血流改善 美肌 生活習慣病予防 ダイエット

これだけあります。特に女性や成長期でスポーツしてる子供におすすめです。

焼き魚にするときは、大根おろしをたくさん添えましょう。

コゲにある発がん物質を分解するアミラーゼと言う酵素が含まれているのでさんまに大根おろしは付きものなんです。

Sponsored Link

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

関連記事

一番痩せる食べ物はいつも食べてるもの?ひと工夫して痩せよう^^

食べて健康的に痩せたいならご飯をひと工夫して食べましょう^^ 運動が苦手だし食事制限も無理

記事を読む

ひじきの栄養と効能や効果は?女性におすすめ!栄養豊富な美容食♪

私はひじきが好きでよく大豆や鶏肉と一緒に煮物にします^^♪ 実家の母がよく作ってくれたので

記事を読む

サンバルソースはカルディで買える万能ソース!サンバルソースの魅力^^

サンバルソースが無くなるとカルディにわざわざ買いに行くほどハマッてます。 我が家では、サンバル

記事を読む

ココナッツミルクはコンビニでも人気!~ブルボンココナッツミルク~

ブルボンの常夏ココナッツミルクはコンビニでも買える夏限定の商品です。 気になる味ですが、ココナ

記事を読む

インフルエンザ予防は食べ物で!インフルエンザ予防は免疫力がカギ

さて、そろそろインフルエンザが流行る時期です。 インフルエンザの予防接種を考えている人は、ちょ

記事を読む

かにみその栄養~かには栄養豊富!アスタキサンチンに注目~

ふと思ったんですが、これから旬のカニ“カニってどんな栄養が含まれててどんな健康効果があるんだろ?”す

記事を読む

雑穀米は危険?食べ方によっては危険かも^^;安全な食べ方紹介♪

雑穀米はダイエットや健康に良いと言われていますよね? たま~にテレビでも、いつまでも若々し

記事を読む

ピーマンの栄養は種にある!ピーマンの種は栄養の宝庫~効能は?~

ピーマンの種は栄養豊富なので丸ごと料理しよう!種と白いワタもです! ピーマンって子供が嫌いな食

記事を読む

マグロの血合いは栄養満点!マグロの血合いは女性や子供に最高!

マグロの血合いは、女性や成長期の子供にぜひ食べてもらいたい部分です! 特に運動部の子供には、疲

記事を読む

中国産にんにく~農薬と土壌汚染で中国産農産物が危険~

中国産のにんにくはかなり安いです。スーパーで中国産と青森産が並んで売られていますが、日本産の価格は中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MCTオイルは危険?効果にダイエット?使うと危険な人もいます!

数あるオイルがあるけどMCTオイルって知ってます?中鎖脂肪酸100

リンゴンベリー[コケモモ,サンタベリー]の効能!女性のための果実♪

リンゴンベリー!これ若返りの果実と言われてるの知ってます^^

ネギの栄養や効能は?インフルエンザやガン、肺炎に効果ある栄養はこれ!

昔からネギは免疫力UPの食材として有名ですよね^^ 私の親は

口内フローラの増やし方は簡単!ウイルスや雑菌を防ぎ口臭も改善!

口腔内の細菌の集まりが口内フローラです!口内の細菌は病原菌やウイル

冷やご飯ダイエット~レジスタントスターチは痩せるデンプン?~

冷やご飯を食べると痩せる?いやいや太りにくいと言った方がいいかもし

→もっと見る

  • 健美の極み
PAGE TOP ↑