調べたことはみんなに紹介しちゃいま~す!

ノロウイルス症状~大人は頭痛も!ノロウイルス症状チェック~

ノロウイルスの症状、アラフォーの私は最初、目まいや頭痛に襲われました。これが前兆だったんです!

調べてみたら、大人がノロウイルスに感染すると初期症状に目まいの他に頭痛や寒気があるんですって。その後に吐き気や下痢、高熱!と続くんです。まさしく私がそうでした^^;

昨年の暮れにインフルエンザかと思って病院に行き検査したら反応が出ない!じゃあ、なに?不安になっているとノロウイルスと診断されました。吐き気はそれほどじゃないのにノロだったんです。

最近はノロウイルスに汚染された食品やそれを扱うコックさん、家庭での感染が多くなってるノロウイルス感染症!

子供の場合は、突然、顔色が悪くなり熱もなく嘔吐する場合が多いようですが、大人はそうとは限りません。私の場合がそうでした。

ノロウイルス体験と症状のチェックについて書いてみます。簡単な判断方法なので参考までにして必ず病院に行くことをおすすめします。冬に流行るのはインフルエンザだけじゃないんですよ!

Sponsored Link

私のノロウイルス体験記!

思い出すのもイヤですが、少しは役に立つかもしれないので書いてみます。

まず、始まりは牡蠣?でした。これは断定できません。なぜなら家族で食べていたのに自分だけがノロウイルスになったんですから・・・

で、最初にでた症状はというと頭痛と目まいです。牡蠣を食べた次の日のお昼過ぎのことです。

それから間もなく、激しい腹痛と下痢に襲われトイレに篭りっきりです。いつ下痢に襲われるか不安でトイレから出ることもできません。

暫くトイレにいると腹痛と下痢に追い討ちをかけたのが悪寒です。格闘すること2時間!(自分的には2時間と思えないほどホント長かった。)

それでも、どうにかトイレから脱出して布団に入るのも束の間、次に襲ってきたのがさらなる寒気です。熱が出ると思い近くの内科に直行です。

ここで診断されたのがノロウイルスだったんです。てっきりインフルエンザだと思い薬を早く飲みさえすれば治ると思っていたのにまさかのノロです^^;

このころには、寒気を通り越して悪寒です、背中がゾクゾクする感じで、まさしく節々が痛くなって熱が出る前兆ですね。帰って布団に横になり体温計で熱を測ると・・・案の定、38.3℃!

でも、このときには寒気はなくなっていました。たぶん熱が上がりきったからだと思います。そのかわり頭痛が激しくなり下痢も相変わらずです。下痢は翌朝まで続きました。

口にしたものと言えば、スポーツドリンクだけ。夕方から何も食べる気がしなかったのでポカリスウェットで水分補給だけしました。

普段からあまり水分も摂らないせいかポカリもそれ程飲みませんでした。

とにかく辛かったのは下痢ですね。熱は徐々に下がって朝には37℃まで下がりましたが、下痢は続きましたからね。

汚い話ですが、普段からすごく緩いので下痢には慣れてるはずですがレベルが違います。そりゃそうですノロだし^^;腹痛を伴う下痢ですから・・・

幸いにも夕方にはかなり楽になりましたから、わりと軽い症状ですんだ方かもしれません。でも辛かったです!

ノロウイルスに効く薬と頭痛

これは後で知ったのですが、私は病院で薬をもらえませんでした。そもそもノロウイルスに有効な薬はないらしのです。

激しい吐き気や高熱があるときは鎮吐薬や解熱剤が処方される場合のもあるらしいですが、私の場合は吐き気がそれほど強くなかったから安静にしてれば治ると判断されたのかもしれません。

Sponsored Link

それでも頭痛があったので痛み止めくらい処方してくれても良かったと思いますが・・・

ノロウイルスの頭痛は、人それぞれだと思います。子供の場合は頭痛の症状は無いのかもしれません。暇だったのでネットで調べても特にありませんでした。

ただ、大人の頭痛はあるらしく、片頭痛のようだったという人もいれば、頭重感が特徴的だったという人もいました。

インフルエンザとノロウイルス

インフルエンザとノロウイルスの症状は似てるんですって。

冬になるとどちらも流行るので厄介なのですが、症状が大きく違うのは

  • インフルエンザ・・・呼吸器系に強い症状が出ること
  • ノロウイルス・・・・胃腸系に強い症状が出ること

冬に寒気がでて高熱が出たり腹痛や下痢と続いたら、一番苦しくて強い症状はどこなのか観察しましょう。インフル?ノロ?と判断できるかもしれません。まぁどちらにしても早く医者に行かないとですけどね。インフルエンザなら早く病院に行けば抗インフルエンザ薬ですぐ治るからラッキーかも^^

チェックするのは・・・のどが痛いのか、お腹が痛いのかです!

ノロウイルスの感染経路と潜伏期間


ノロウイルスは2種類あって、ひとつがノロウイルスによる感染性胃腸炎、もうひとつがノロウイルス食中毒です。

簡単にいうと、

  1. 経口や接触、飛沫などで人から人にうつるものがノロウイルスによる感染性胃腸炎
  2. 汚染された牡蠣などの二枚貝を食べて発症するのがノロウイルス食中毒

で感染経路で特に多いのが子供の便や施設などの患者さんの便からの感染です。爆発的に流行るのもこれです。

感染者の便には10億個以上、吐しゃ物には10万個もウイルスがいると言われているので簡単にうつります。発症する前の潜伏期間は1日から2日(24~48時間)なので怪しいと思ったら近づかないようにしましょう。

ウイルスの増殖スピードが超早いのがノロウイルスの特徴ですが、体外では増殖できないので感染者と接触して2日経っても症状がでなければ大丈夫ですって。

最後に

ノロウイルスについてまとめてみます。

初期症状・・・

  • 目眩や頭痛
  • 寒気
  • 吐き気

それから・・・

  • 激しい嘔吐
  • 激しい下痢
  • 腹痛
  • 高熱
  • 頭痛

などに襲われるのが特徴ですが、個人差があるので私のように吐かない場合もあります。まれに筋肉痛がでる人もいるそうです。また、ノロウイルスのワクチンはありません。なので、基本は栄養を摂って水分を補給して安静にしていることになります。

嘔吐などの症状が強いときは鎮吐薬などを使う対症療法になりますが、ウイルスを排出させるために下痢止めは使わないません

重症になると脱水症状を起こすのでそうならないためにも充分に水分を摂りましょう!とにかくのどが痛いかお腹が痛いかで少なからず判断材料になるかもしれないので覚えておいてもいいかもですよ。

ノロなら幸い症状は2日程度、インフルなら病院直行で早く治ります。ノロでも後遺症も無いそうですよ^^

Sponsored Link

Comment (1)
  1. 吉田 美幸 より:

    吉田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です