調べたことはみんなに紹介しちゃいま~す!

ジカ熱の症状~お腹の子供が危険です!あの蚊に気をつけよう!~

Sponsored Link


ジカ熱がブラジルで流行し世界中で警戒されています!ブラジル国内で昨年5月の感染から半年足らずで130万人以上が感染したそうです><;

最近のジカ熱の流行は、2013年にポリネシアで約1万人の感染に始まり、その翌年にチリのイースター島、そして去年ブラジルやコロンビアなどの南米です。

しかも、衛生上の問題なのかブラジルで物凄い速さで広まっています。

世界保健機関(WHO)も事態を重く見て2月1日に緊急事態宣言をしました。世界に広まりそうだからヤバイということですね。

しかも、さらに悪いニュースがあって・・・

なんと!アメリカで性行為による感染が確認されてしまいました。それまでは、蚊に刺されて感染すると思われていたのに人から人にうつったんです。

これを受け米疾病対策センターは、ジカ熱の感染を防ぐためジカウイルス感染者との性交渉はやめるようにと言ってます。

これからオリンピックも始まって、大勢の人がブラジルに行くと思いますが・・・いつジカウイルスが日本に入ってくるのか心配です。

猛威を振るうジカ熱の症状や蚊の種類、特に気を付けい人についてまとめました。

ジカ熱は症状が出ない不顕性感染も!

顔
まず、ジカ熱に感染し発症してしまうとどんな症状が出るのか触れてみます。

ジカ熱は、数年前に猛威を振るったデング熱と比べ症状が軽いのが特徴です。感染しても症状が出ない不顕性感染は約80%の確率だそうです。

高熱をだす人は珍しく、ほとんどの人が発疹や関節痛、結膜炎などの症状が出て1週間ほどで自然に治るそうです。

次に多いのが、筋肉痛と頭痛、稀にでるのが下痢や腹痛、嘔吐、食欲不振の症状です。

  • 発疹・関節痛・結膜充血(半数以上)
  • 筋肉痛・頭痛(45%)
  • 目の奥の痛み(39%)
  • 下痢・腹痛・嘔吐・食欲不振(稀に出る症状)
  • 発熱(38.5℃以上は稀)

潜伏期間は3~10日間で発症して症状が現われます。症状は軽い場合が多く命の危険もほぼないそうです。

今のところジカ熱のワクチンや治療薬は開発されていないので、治療は、症状を和らげる対症療法になります。

Sponsored Link

日本のあの黒と白が特徴のヤブ蚊も媒介!

029
ジカ熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカを媒介します。ヒトスジシマカはあのデング熱を流行らせた蚊です。

ネッタイシマカは、名前のごとく熱帯地域に生息する蚊なので、現在、日本にはいません。昔、琉球諸島や小笠原諸島で確認されましたが駆除されたのでいなくなったそうです。

でも困ったことに、ヤブカと言われる黒と白の蚊ヒトスジシマカは日本でもメジャーの蚊です。この蚊もジカ熱のウイルスを媒介するので日本にジカウイルスが入ってきたら流行する可能性は高いと思います。

日本に旅行に来た感染者が蚊に刺されていっきに広がるかもしれませんね。

デング熱といいジカ熱といい、ホント厄介な蚊です^^;

健康な人はそれほど心配ないけど妊婦は危険!

出産
ブラジルでは妊婦がジカウイルスに感染し脳が発達しないまま産まれてくる小頭症の赤ちゃんが問題になっています。

健康な人が感染しても軽くてすむジカウイルスですが、妊婦が感染すると赤ちゃんに影響があることからブラジルの富欲層の妊婦さんは海外に避難する人もいるそうです。

少なくてもブラジルだけで2000人以上が小頭症と診断され、そのうち30名近くの赤ちゃんが亡くなっているんです。

妊婦さんもですが、体調が悪かったり、疾患があって免疫力が低下している人も感染しやすいので気をつけましょう。

小頭症

脳が充分に発達しないので、知能障害や運動障害と言った先天性の障害を持って産まれてしまう病気です。

最後に       

026
いかがでしたか?ブラジルでは、虫除けスプレーなどがあり得ないほど高騰してるそうです。

そのため、貧困層の妊婦さんが小頭症の赤ちゃんを産んでしまう確立が高くなっています。

一番多いのが、ウイルスを持った蚊に刺されて発症するので、虫除けスプレーなどで蚊に刺されないようにしたり、ジカウイルスに感染した人と性交渉しなければ感染は防げると思います。

もしかすると、体液で粘膜感染したと言うことは血液感染もするかもしれませんね^^;

ブラジルに行く予定がある人は、長袖長ズボンで虫除けスプレーやクリームを携帯しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です