調べたことはみんなに紹介しちゃいま~す!

化粧品を使わず美肌になる!スムージーおすすめ野菜と果物&ミキサー

化粧品を使わず美肌を手に入れたいなら食生活を見直すのが一番です!

だって自分に合う化粧品にたどり着くまでには相当な金額がかかるし、果たしてその化粧品が自分に合ってるかのさえ分かりません。

おそらく、かぶれないとかしっとり感があると自分に言い聞かせて妥協してるのかも・・・

化粧品を否定するわけじゃありませんが、そもそも美肌を手に入れたいなら化粧品はなるべく使わない方がいいんです。

では、どうしたらいいのかと言うと・・・

普段の食生活で抗酸化作用があるものを多く摂るようにする!これが一番!

でも、抗酸化作用がある物ってなに???

率直に言うと果物や野菜です。これを毎日効果を感じられる量を効率よく食べるだけでお肌の調子は良くなり美肌が手に入ります。

効果を感じる量と言っても「どれだけ食べればいいの?」「そんなにたくさんは食べれない」そんな声が聞こえてきますけど・・・大丈夫です!

簡単で思った以上に経済的で毎日摂る方法があります。それは、今流行りのスムージーです!

美肌のためにスムージーで、ぜひ摂り入れたい野菜と果物について書いてみます♪

Sponsored Link

作るのに必要なのはミキサーだけ

まず、用意したいのがミキサーです。ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店に行くとコーナーが出来ているほど品揃えは豊富です。

機能が豊富なほど高くなりますが、スムージーを作ったりちょっとした料理に使うくらいなら5,000円も出せば手に入ります。

おすすめなのが、

ビタントニオ マイボトルブレンダー VBL-30 3,980円
ビタントニオ マイボトルブレンダー VBL-30
1人用のミキサーです。ポイントは、ジュースを作った容器をボトルとしてそのまま持ち歩けるところです。

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー SKS-A  約5,000円
タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー SKS-A
注ぎ口が広く浅めなので食材を入れやすく洗うのも簡単。セットしないとスイッチが入らないので安全。

スムージーに使いたい野菜

では、美肌を手に入れるために摂りたい野菜を紹介します。

Sponsored Link

  • トマト
    アンチエイジングや抗酸化作用と言えばトマトです。トマトに含まれる抗酸化作用物質リコピンが体内の毒素を取り除いて内臓機能を向上させ美肌に導いてくれます
  • にんじん
    ニンジンといえばカロテンです。他にビタミン類や亜鉛、銅、カリウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。また、リグニンが腸管内の毒素を排出してくれるので美肌に導いてくれます
  • きゅうり
    きゅうりも抗酸化作用の高い野菜です。ビタミンCやカリウムなどのミネラルも豊富で、体温を下げてくれる作用がむくみを改善してくれます。
  • しょうが
    血行を促進し代謝を高め、肥満や生活習慣病の予防をしてくれます。また、ジンゲオールという成分には免疫力を高める働きがあります。
  • アボガド
    野菜なのか果物なのか微妙なのがアボガドです。βカロテンやビタミンC、ビタミンEが豊富で抗酸化作用物質を含んでいます。さらに、ビオチンが乾燥肌や傷んだ髪などを保湿してくれます。

スムージーに使いたい果物

次は、果物です。果物なら結構何でもOKですが、その中でもおすすめのものをピックアップしてみました。

  • ブルーベリー
    ブルーベリーに含まれるアントシアニンが活性酸素によるコラーゲンのダメージを中和し疲れ目や視力向上にも効果があります。
  • キウイ
    オレンジよりも多いビタミンCを含んでいるのがキウイです。ビタミンCはコラーゲン作るのを助け健康な肌の状態を保ちシワのできにくい肌にしてくれます。血行促進作用もあり美白にもってこいです。
  • パイナップル
    パイナップルは、ニキビの原因となるバクテリアを防ぎホルモンバランスを正常に戻してくれる効果があります。さらにブロメラインと呼ばれる成分が肌の炎症や腫れを抑えてくれます。
  • グレープフルーツ
    リコピンやビタミンCを多く含むグレープフルーツは低カロリーでインスリン値を下げてくれます。さらに、ニオイを嗅ぐだけでもダイエット効果になるという研究結果もあるのです。

スムージーの作り方と味のポイント

それでは簡単な作り方ですが、最初に果物を一口くらいの大きさ(ミキサーに入る)に切って冷凍庫で凍らせておきます

スムージーは、シャーベット状の飲み物のことを言うので切った果物などは冷凍庫で凍らせてミキサーにかけるのが正しい作り方です!

  1. ミキサーを用意する
  2. 果物と葉野菜を一口大に切る
  3. 軟らかい果物を入れる
  4. 硬い果物を入れる
  5. 水分の少ない葉野菜を入れる
  6. コップ1杯の水を入れる
  7. 飲みやすくなるまでミキサーを回す

次に、スムージーを飲みやすくする果物やおすすめの野菜の紹介です。

  • スムージーを甘くして飲みやすくする果物
    バナナ、りんご、梨、柿、マンゴー、メロン、すいか
  • 爽やかな味にしてくれる果物
    レモン、ライム、グレープフルーツ、キウイ、パイナップル、ベリー類
  • スムージーにおすすめな葉物野菜
    ほうれん草、小松菜、セロリ、サニーレタス、バジル

最後に

ビタミンや食物繊維がたっぷりと簡単に摂れるスムージーは最近話題の飲み物です。

いろいろな作り方が紹介されていますが、自分でおいしいと感じるものが身体にいいものだと思ってオリジナルのスムージーを作ってみましょう。

ちなみに、果物とかに氷を入れてミキサーにかけたものは、フローズンドリンクとかフローズンカクテルと言って、アイスクリームと牛乳を足して作るのをシェイクと言うらしいです。

特にベリー類は抗酸化力が高く、なかでもマキベリーは果物の中で最高の抗酸化力があると言われているので使ってみるのもいいかもしれません。しかし、残念ながら生のものは手に入りません。

使うならパウダーがおすすめです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です