調べたことはみんなに紹介しちゃいま~す!

ピーマンの栄養は種にある!ピーマンの種は栄養の宝庫~効能は?~

ピーマンの種は栄養豊富なので丸ごと料理しよう!種と白いワタもです!

ピーマンって子供が嫌いな食べ物で昔からトップ3に入る野菜だと思います。

そんな私も子供のころ苦手でした。あの独特の苦みがダメだったような・・・

そして、その苦味の原因は種にあったそうです。だからか、料理でピーマンを使うときは、まず種を取り除くことから始めるのが一般的です。

大体の人は、食べられないと思って種やワタを取っているんじゃないですか?もしくは、毒があるかもなんて勘違いしてる人もいるのかも・・・

料理を教わった人じゃない限り、苦味があるから種をとる!正確に知ってる人はそう多くないかもしれません。

というより、キチンと料理を教わった人なら種は取らないのが常識らしいです。

ピーマンの種と周りの白いワタには、緑の部分(皮らしい)の何十倍もの栄養があるのです!

Sponsored Link

ピーマンの栄養と健康効果

とうがらしの仲間のピーマンには、カプサイシンピラジンなどの栄養成分が豊富です。

また、βカロテンビタミンCも豊富でビタミンCはレモンの2倍も含まれています。どちらも加熱しても壊れにくいので炒めても栄養をそのまま摂ることができます。

ちなみに、油で炒めると強力な抗酸化作用があるβカロテンの吸収が良くなると言われています。

そして、野菜には珍しくビタミンEが豊富なのもポイントです。ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると活性酸素をやっつけたり老化防止に役立ちます。

  • βカロテン・・・粘膜の維持 美肌効果 成長促進 がんの予防と抑制
  • ビタミンC・・・老化予防 美白と美肌 免疫力の向上 白内障の予防と改善 貧血予防
  • ビタミンP・・・毛細血管の強化 血流改善 抗アレルギー作用 がんの抑制
  • ビタミンE・・・老化予防 生活習慣病の予防 血流改善 美肌 生殖機能の維持
  • クロロフィル・・がん予防 貧血改善 消臭効果 肌の炎症を抑える 美白と美肌 デトックス効果
  • カプサイシン・・肥満予防 血流改善 高血圧予防 冷え性改善 疲労回復 便秘解消
  • ピラジン・・・・血液凝固を防ぐ

などがピーマンの栄養とその効果です。すごいですよね^^

Sponsored Link

ピーマンを食べた方がいい人

ピーマン3個で一日に必要なビタミンCを摂ることができます。お肌が気になる人は毎日ピーマンを食べるといいかもしれません。

そして「最近ちょっと髪が薄くなってきたかも・・・」なんて気にしている人にもピーマンはおすすめです。育毛効果がある食べ物として「ピーマン」が注目されています。

特に種を支える「胎座」の部分がいいらしいです。

これは医学的にも解明されているそうで、とうがらしの薬効成分が発毛剤に使われています。とうがらしと同じ成分を持つピーマンは食べる育毛剤なんです。

  • 美肌や美白を目指してる人
  • 免疫力を向上させて病気になりづらくしたい人
  • 疲労を回復したい人や疲労を残したくない人
  • 生活習慣病を予防したい人
  • 肥満を防ぎたい人やダイエットを考えてる人

こんな人達に、おすすめなのがピーマンなんです。そのまま丸ごと食べるのがピーマンの栄養を効率よく摂るポイントです。

緑の実の部分(皮)は、種やワタに比べると栄養的には劣るらしいので丸ごとがいいんです。

最後に

ピーマンを選ぶときは、へたの切り口が新鮮で黒ずんでなく表面にツヤと弾力があり色鮮やかなものを選ぶようにしましょう。

ピーマンの仲間のパプリカの方が栄養価は高いそうですが、値段もかなり高いです。

そして豆知識ですが、ヘタが六角形なら苦くないと言われています。よく見ると五角形と六角形があるのでスーパーで買うとき確かめてみてください。

おさらいです。

  • 美肌効果
  • 生活習慣病の予防と改善効果
  • 動脈硬化を予防する効果
  • 免疫力を高める効果
  • 疲労回復効果
  • 肥満を予防する効果

こんな効果を期待したいのであれば、ピーマンを食べましょう!

Sponsored Link

Comments (8)
  1. 楠本季一 より:

    ピーマンの種とワタの薬効を多くの人に知って欲しいと思っています.

    ピーマンの種子は、糖尿病治療の内服薬の主成分であるスルフォニール尿素を含有していることが、公開特許広報の特許出願公開、「昭59-70619」(審査未請求)に記載されています。

    ピーマンのワタは、冷え性に効果があることが、公開特許広報の特許出願公開、「2001-112441」に記載されています。
    私は毎年10回ほど風邪を引いていたので、1日1.5個から3個のピーマンのワタ、種を16年間食べています。ここ8年程はインフルエンザにも感染しなくなりました、風邪での薬服用と病院に行くことはここ16年間はなくなりました。鼻水の風邪症状が出たら10個のワタ、種を一度食べると鼻水の風邪症状が治ります。

    ピーマンの種とワタを1日4個食べると、体温が10時間程約2度上昇するので強度の冷え症(足先が冷えて頭痛を併発する)が15日で治ります。
    ピーマンの種とワタを1日3個、4か月食べると、血液の循環が良くなるので頭頂部のハゲから発毛(赤ちゃんの毛髪の様に発毛して太くなる)します。
    ピーマンの種とワタを1日8個食べると、風邪による頭痛に対して鎮痛が約24時間作用します。風邪薬よりも効き目が有ります。
    ピーマンの種とワタは、免疫力を大幅にアップします。体温も10時間程約2度上昇するのでガン細胞を弱体化する期待がもてます。

  2. 楠本季一 より:

    ピーマンの種とワタを1日2個食べて、2013年に白内障が大幅に改善した、と山口県の患者さんから携帯に電話を受けていましたので。2016年3月31日に携帯で確認したところ、糖尿病が大幅に改善したので現在でも1日1個食べているとの話を伺う事ができました。

    1. らんちゃん より:

      すごいですよね。ピーマンって^^
      糖尿病に白内障の改善など実際のお話ありがとうございます。食べる薬ですね!
      私もピーマンを気にして買うようにしてますし、旬の時期は家庭菜園で作っています。意外に栽培が簡単だし、たくさん収穫できるのでおすすめですよね^^

  3. 楠本季一 より:

    らん さま
    日本国債の格付けは、中国、韓国より下位で、世界からは1等国では無く、2等国に見られています。
    国の借金は現在1040兆円です。現状では日本は10年後には1800兆円の借金になり、3等国になるでしょう。
    国民は医療費に44兆円使っています。
    国の社会保障費32兆円のうち、医療費には税金が約18兆円使われています。

    成人病が発症する、一番の原因になる成分は脂肪の過剰摂取です。
    脂肪成分など、免疫力が無く、毒素となるうる食べ物を摂取する事が、あらゆる病気の発症の原因になると思われます。

    ピーマン種子部には特段の免疫力がありますが、残念ながら特段の脂肪の燃焼効果はありません。
    加工食品の脂肪成分は内容量の10分の1以下に規制しないと成人病の減少と医療費削減は出来ません。

    食べ物の栄養成分は内臓で吸収されて血液に入り、全身の細胞に運ばれます。
    生命のミナモトの食べ物の成分 (免疫力に優れた食べ物と免疫力が無く、毒素となるうる食べ物)
    が生命のミナモトの血液に入るのです。

    体温差で免疫力が高まる理由
    医学的に成人の
    体温20度は生命の危険がある。
    体温35度以下はガン細胞が最も増殖しやすい。
    体温36.0度は免疫力が弱い。

    体温36.5~37.0度は最も免疫力が高く理想的

    体温37.5~37.9度は微熱
    体温38.0度以上は発熱
    ピーマンの種とワタを1日4個食べると、体温が8時間程約0.5度上昇するので免疫力が大幅にアップすることで、ガン細胞をも、弱体化する期待がもてます。

    免疫力に優れた食べ物の情報を発信する事が、病気を予防し、医療費を大幅に削減することに繋がります。
    免疫力に優れた食べ物の情報を発信されている事は、医療費削減に繋がるものと期待しております。

    1. らんちゃん より:

      コメントありがとうございます。凄く詳しいですね^^
      私も気になる年頃なので、調べて分かったことは、どんどん発信して行きたいと思います。

  4. 楠本季一 より:

    らん 様

    日本薬用植物辞典(医学書)と、トウガラシの文化誌でトウガラシは
    発毛剤の原料、風邪や流感、気管支炎、咳、喘息、膀胱炎、腎盂炎、リュウマチ、健胃、の薬理がある。と記載されています。

    ピーマンはトウガラシを品種改良したので、胎座と隔壁にトウガラシと同様の薬理物質を含有し継承したのです。

    トウガラシの文化誌の本中で、カリフォルニア大学薬学部教授の、
    ジメント博士の証言は

    「風邪や咳、流感、気管支炎の市販薬は、広く一般に出回っているが、臨床的には治療薬として効果があると証明されたわけではないのですよ。

    市販薬の医薬的効果を証明するのは難しい事なのです。気休めの薬としては効果的に働いていますし、専門家がよくいうように、患者を喜ばすために、
    薬を処方するわけです。

    正直に言いますと、確かに市販薬とトウガラシ(カプサイシン)は同じくらい病気に効きます。でも、私はトウガラシにより信頼を寄せているのです。
    トウガラシにはどんな副作用もありませんからね」 と記載されています。

    **簡単レシピ
    ワタ(胎座)と種と隔壁を取り出して、レンジで120秒~180秒加熱して調味醤油が普通です。
    (ピーマン種、ワタで検索すればいろいろあります。)

    野菜園芸大事典(農林省園芸試験場)本中で、
    トウガラシはカプサイシンの、含有率が高いのは、胎座と隔壁で、果皮および種子は低い。果皮や種子には、分泌器官が見出されないため、カプサイシンは胎座、隔壁に分泌されたものが飛散付着したものであろうと記載されています。

    *カプサイシンは、辛み物質と薬理物質の化合物であり、ピーマンは胎座と隔壁に薬理物質のみ継承したのです。

    ピーマン胎座の薬理作用の発見者    楠本季一
    胎座研究歴16年

    1. らんちゃん より:

      ピーマン胎座の薬理作用の発見者 楠本季一 さま

      コメントありがとうございます。ピーマン凄いですね^^

  5. 楠本季一 より:

    らん様

    日本は医療費が高過ぎます。医師、医師会は、食生活も人種も違う、国力も日本の約5倍有る米国を基準にする事で、
    国民の平均年収(415万円)とは、かけ離れた高額な診療報酬(勤務医約1700万開業医約2800万円)を得ています。

    ここ10年で、平均年収=GDPは増えないで医療費は年間19.7兆円も増えています。10年間で約112兆円も医師と医療界に流れ込んでいます。
    日本国債の格付けは、中国、韓国より下位で、世界からは1等国では無く、2等国に見られています。
    国の借金は現在1040兆円です。最新の状況からは日本は10年後には1600兆円の借金になり、3等国の格付けとなり
    実質的財政破綻(借金1400~1600兆円時に)するのは確実です。
    1人当たりのGDPはニュージーランドより下位の35位です。医療費増大により国力の低下に歯止めが掛かりません。

    日本政府発表の医療費は年間約44兆円です。税金は約18兆円投入しています。
    日本の国家予算は約97兆円です。うち、国債費が約24兆円あります。
    国家予算はつまり97-24=73兆円です。医療費に税金が国家予算の約25パーセント使われています。

    OECDの国際比較統計は、2015年の日本の公的、民間、個人支出分の合計医療費は0.5274兆ドルです。
    ドル計算で、同じアジア人、韓国は年間1人約2500ドルの医療費です。日本は1人約4167ドル(0.5274兆ドル÷1.26573億人)の医療費で韓国の約1.7倍支払わせられています。
    GDP比から、日本は1人3225ドル(2500ドルx1.29GDP比)の医療費が適正です。0.5274兆-0.4082兆(3.225千ドルx1.26573億人)=0.1192兆ドルで医療費は年間11.9兆円(0.119兆ドル)削減すべきです。

    英国の一人当たりGDPは日本の1.252倍です。英国の一人当たり医療費は4025ドルです。GDP比から日本の国民は英国人より年間医療費を12兆円(((4025÷1.252GDP比=3215ドル、よって4167[一人当たり日本の医療費]-3215[一人当たり英国の医療費]=952ドルx1.26573億人=0.12兆ドル))多く支払わせられています(国民負担能力よりも)。

    病気は負の出来事です。病気ゼロ、医療費ゼロが理想です。病気、医療費が増える事は国民、国家に何一つ利益が有りません。何一つ利益にならない医療費は最大の無駄使いです。医療費が増える事は国民、国家、国力が衰退するだけです。
    病気、医療費が増える事を喜ぶ人間は、医師、医師会、医療界だけです。

    私は、この情報がネット上で共有される様に全国の国民、各種団体、メディア、議員、政党、省庁に発信します。私の情報を拒否したいのは既得権益者の医師、医師会、医療界だけです。
    何一つ利益にならない医療費に、国民は約53兆円も浪費(負の出来事の言葉として)しているのです。

    日本は財政破綻が目前であるのに、
    負の出来事の医療費に、国家予算の約2.5割の約18兆円の税金を、使っている現状では日本の景気、経済が良くなるはずが有りません。

    ピーマン胎座の壱番の特性は、風邪、流感等に特段の免疫力(ヤフー知恵袋の「ピーマン胎座」で検索)が有り、薬より効き目が有り、
    鎮痛作用が有る事です。

    弐番目の特性は、殆どの病気の原因で有る、加齢による毛細血管の血流の低下を大幅に改善し、血流を特段に回復させる事です。

    トウガラシを品種改良してピーマンが出来たので、トウガラシ胎座(辛み物質と薬理物質の化合物)とピーマン胎座(薬理物質のみ)は
    同じ種源なので、トウガラシと同様にぴーマン胎座にはどんな副作用もありません。
    胎座を摂取する事で健康が増進し(ネット上「ピーマン胎座」で検索)、財政悪化の主因である医療費を大幅削減する事ができます。

    私は健康を増進させて、医療費削減に繋げる全国運動を提唱する目的で、情報発信をしています。

    負の出来事の為に、年間約53兆円も、医療費に使っていては、景気、経済は良くなりません。日本は財政破綻、沈没目前です。
    皆さんも一緒に、全国の国民、各種団体、メディア、議員、政党、省庁に対して情報の発信者になる事で、歪んだ医療行政の改善と医療費の無駄の削減に繋がると期待しております。

    データーの出典  ネット上の、GLOBALNOTE(グローバルノート)  一人当たり名目GDP=国連2014年データー
                            医療費=OECD2015年データー

                     ピーマン胎座の薬理作用の発見者      楠本 季一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です