薬の飲み合わせで検索したら風邪薬も飲み合わせで危険!?

公開日: : 気になること , ,

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

薬の飲み合わせで検索してみました!なぜかというと・・・痛い目にあったからなんです^^;

二度とそんな思いはしたくない!身近な風邪薬だって油断できないのです。

私は牛乳を毎朝飲むのが日課です。朝起きて牛乳を飲まないと1日が始まりません。

私の場合、寝起きの牛乳は、お通じにとても良い効果を発揮してくれます。ホント快便です。(汚い話でゴメンなさいm(__)m)

でも、これ大事なことですよね。

便秘だとお肌の調子も良く無いし、もしダイエットしてるなら便秘は大敵ですからね^^

しかし、牛乳を飲んだあとにある薬を飲んだら死ぬかと思いました・・・大袈裟じゃありません。ホントです!

そこで、調べてみたのですが、飲み合わせの悪いものが結構ありました。私と同じような経験をしてる人も居ました^^;

せっかくなので、薬の飲み合わせで注意するものをいくつかシェアしたいと思います♪

普段あまり気にしないものも、もしかするとヤバイかもしれませんよ^^;

牛乳とコーラックは飲み合わせが悪い

023
私が痛い目にあったのがこれ!この前やらかしてしまいましたorz

私は牛乳を飲むとしばらくしてお腹がグルグルと・・・腸が起きて活発になるんですかね・・・テキメンでした!

この前、いつもどおり朝起きて牛乳を飲んだんだけど、身体に抗体?ができたのかお通じがない!しかも2日連続です。

今までこんなことなかったのに・・・

そこで、試しにコーラックを飲んでみたのです。これが悪夢の始まりでした。泣

飲んでしばらくすると、お腹の痛みがハンパない。経験したことが無いくらいの激痛に襲われ、トイレから出れない状態・・・マジやばかったです!

冷や汗は尋常じゃないほど出るしお腹は強烈な痛みだし、かといって○んちが出るわけでもなく・・・かれこれ1時間以上はトイレに居たと思います^^;

痛みもが落ち着いたので調べてみたら、このコーラックは胃で溶けないようにコーティングされ腸まで届くのが特徴ですが、牛乳がコーティングを取り胃で溶かしてしまうらしいのです。

薬の効果が薄くなるとはあるのですが、まさか胃が痛くなるとは思いもしませんでした。

コーラックの副作用は怖いですよ。牛乳のせいか分かりませんが、それ以来コーラックは飲んでません^^;

炭酸飲料はアスピリンの効きを弱める

037
さて、ここからは調べて分かったものをシェアしていきたいと思います。

片頭痛や生理痛、歯痛などの痛みや炎症を抑えるために飲むアスピリンですが、アルカリ性で溶けやすくなるんだとか・・・

なので、アスピリンを飲んだときは炭酸飲料は控えた方が良いそうです。逆に、牛乳などのアルカリ性のものを飲むと効きが早いかもしれません。

アスピリンは、心臓発作や脳卒中の予防、がんの発症リスクを軽減することが数多くの研究で明らかになっているそうです。

ただし、アスピリンの副作用に胃障害があり、出血性胃潰瘍を引き起こし最悪死んじゃう可能性もあるらしいので注意が必要です。

チーズやアボカドと風邪薬(総合感冒薬)は頭痛の原因

036
次に、多くの人がお世話になっている風邪薬です。これは飲む機会もかなり多いんじゃないでしょうか^^;

Sponsored Link

できれば、薬に頼らないで栄養と充分な睡眠で治せば自然治癒力が育つと言われてますが、どうしてものときはしょうがないですからね。

ほとんどの薬は、肝臓で代謝され血液に溶けて全身に行き渡り効果があらわれます。

  1. 薬を飲む
  2. 胃を通過
  3. 腸で吸収
  4. 肝臓で代謝
  5. 血液に溶ける
  6. 薬が効く

このサイクルです。

しかし、チーズやアボカドに含まれるチラミンという物質は薬が肝臓で代謝されるのを邪魔してしまいます。

すると、風邪の症状が治らないプラス、頭痛や動悸を引き起こす可能性があるというのです。

チーズなどは熟成度の高いものを選ばないようにしましょう。より副作用のリスクが高くなるそうです。

ちなみに、チーズ好きなら知っていると思いますが、デパ地下などの専門店で替える輸入品は数字の大きい方が熟成度の高いチーズになります。6が最高です。

他にも注意が必要な薬との飲み合わせが悪いもの

034
さて、お世話になる可能性が高いメジャーな便秘薬と風邪薬と紹介してみましたが、他にもあります。参考までにシェアしますね^^

牛乳と骨粗しょう症の薬

カルシウムの代表として認知度の高い牛乳ですが、骨粗しょう症の薬にはカルシウムと結合すると吸収されにくいものもあるそうです。

牛乳に含まれるカルシウムは、骨粗しょう症の薬“ビスホスホネート系製剤”と相互作用の可能性があるので、飲むときは時間をずらしましょう。

カルシウムがキレートという物質に変化させ薬の効きが弱くなってしまうそうです。

Sponsored Link

納豆と血液疾患予防に処方される抗血栓薬

心筋梗塞症や脳梗塞などの血液疾患の治療や予防に処方されるワーファリンは、納豆と相性が悪いそうです。

血液をサラサラにする効果がある納豆ですが、豊富に含まれているビタミンKがワーファリンの効き目を弱めてしまうそうです。

抹茶や味噌汁の具で人気のワカメもビタミンKが豊富なので気を付けたほうがいいのかもしれませんね^^;

最後に            

050
あと薬を飲んでるときにアルコールはダメと言われていますが、肝臓にあるアルコールを分解する酵素が関係しているようです。

肝臓の酵素が薬の成分を有害化させるらしいです^^;

お酒を飲んだら数時間経ってから薬を飲むようにしましょう。アルコールが体内に残った状態だと薬の解毒が遅くなり薬の効きが強くなるので危険です。

特に、睡眠薬鎮痛剤精神安定剤は気を付けたいです。意識障害を起こす可能性があり、最悪の場合、昏睡状態になることもあるんですって^^;

薬の飲み合わせをいくつか紹介してみましたが、どうですか?知ってました?

自分だけじゃなく子供や旦那さんに薬を飲ませたときは注意しましょうね^^

お役に立てればうれしいです♪

Sponsored Link

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

関連記事

ココナッツオイルは危険?エキストラヴァージンなら安全?真相は?

話題のココナッツオイル!なぜか危険という声もチラホラ聞こえます。 流行ったのは数年前ですが

記事を読む

抜け毛予防は食べ物で!抜け毛薄毛の予防は栄養と生活習慣がカギ!

男性も女性も歳を重ねると気になるのが抜け毛です。 すでに、若いときから抜け毛が気になり、今

記事を読む

ロクシタン シアバターの使い方!髪の潤いやスタイリングもOK^^

ロクシタンのシアバターは髪にも使えます。まぁロクシタンのものに限らずシアバターなら何でもですけどね^

記事を読む

イナビルの効果は?持続時間はいつまで?予防にもおすすめ!

毎年、インフルエンザは多かれ少なかれ猛威を振るいます。正直、インフルエンザが流行りだす時期になると凹

記事を読む

口内フローラの増やし方は簡単!ウイルスや雑菌を防ぎ口臭も改善!

口腔内の細菌の集まりが口内フローラです!口内の細菌は病原菌やウイルスの侵入を防ぐ最初の砦です。

記事を読む

アタマジラミの予防はシャンプーとクシで!薬が効かないアタマジラミ

アタマジラミはくしで卵ごと退治するのが一番です! 子供を何気に見てたら髪の毛に白い物体が・・・

記事を読む

シミシワ化粧品はビタミンEオイルの効果で発揮する!使い方紹介^^

シミシワ対策に画期的なオイルを見つけちゃいました!その名もビタミンEオイル。これ高い化粧品を使う

記事を読む

ヒルドイドは赤ちゃんに副作用あるの?実はママの顔にも最高!

ヒルドイドは赤ちゃんにも優しいし、ママの顔に使っても美容効果が高いって知ってました? 使い

記事を読む

こめ油は危険?~ボーソーのこめ油は安全!こめ油の効能とは~

ちまたで、こめ油が危険と言われているの知ってます? こめ油とは、米ぬかから絞られた油のことです

記事を読む

マルラオイルの効能と効果がやばい!半額で購入できた最高峰のオイル

マルラオイルの効能がすごいんです!!! 世界最高峰の美容オイルというフレーズが気になり買っちゃ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おからパウダーの効果♪摂取量は?ご飯と炊く?便秘やダイエットに♪

おから食べてます?袋詰めにされたのをスーパーで見かけると思いますが

目薬~市販でおすすめは防腐剤や血管収縮剤が無添加の第3類医薬品~

最近、目が疲れて真っ赤!花粉症かな?目薬が手放せない!でも、その目薬大

突き指の治し方!引っ張るは迷信!親指、人差し指も小指も処置は同じ^^

あっ!やった!激痛と同時に一瞬にして頭をよぎるのが突き指...突き

プルーンの効果が凄い!1日何粒が目安?鉄分が貧血に!目にも^^

プルーンの健康効果が凄いの知ってます? ドライフルーツにして

ココナッツオイルは危険?エキストラヴァージンなら安全?真相は?

話題のココナッツオイル!なぜか危険という声もチラホラ聞こえます。

→もっと見る

  • 健美の極み
PAGE TOP ↑