太らないお菓子は手作り!ブリスボール作り方[超簡単で美味しい^^]

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

太りたくない!痩せたい!そう思いダイエットに励みますよね?そして、少しでも痩せることができたら体重や体型を維持したいと願ったりもしますよね^^

でも、甘いものが好きなら普段でもダイエット中でもお菓子やケーキを食べたいと思うのが普通です。

それがダイエットの敵になると分かってても「やめられない!」そんな人も多いと思います^^;

今回はそんな方におすすめなおやつを紹介します♪しかも手作りできるお洒落なおやつです!

簡単にできるオーストラリアの国民的おやつ^^

ブリスボール1
ブリスボールって聞いたことあります?たぶん聞いたことがない人の方が多いと思いますが、実はオーストラリアでは誰もが知ってる定番の国民的お菓子です。

日本でも東京にケータリングサービスでブリスボールを扱ってる専門店があるので、もしかしたら食べるの大好きで流行に敏感な人は知ってるかもしれません。

このブリスボールは、砂糖なども使わず添加物もなし、しかもグルテンフリーだからアレルギーの方も安心して食べられます。

砂糖も使わずにお菓子?おやつ?不思議に思うかもしれませんが、ブリスボールはドライフルーツやココナッツを使うので甘いお菓子なんです。しかも自然な甘さです^^

Sponsored Link

他にもナッツやデーツ、オーツ麦など美容や健康に優しいものを使うので健康を気にしてる人にはもってこいのお菓子です。今話題のスーパーフードを足せばオリジナルの超健康的なブリスボールになるはず!

食べてみれば分かりますが、市販のケーキやチョコレートなどと同じくらい満足すると思います^^しかも低カロリーだからヘルシー!

では次に作り方にいってみます。

ブリスボールの作り方

ブリスボール
ブリスボールの作り方ですが、いたって簡単です♪

本場オーストラリアでも家庭で作って食べてるので、作るのに何も難しいことはありません。なので自分で作っちゃいましょう。お子さんと一緒に作るのもおすすめです^^

まず用意するのがフードプロセッサー!無ければすり鉢、それも無ければ包丁とまな板でもOK。ようは、細かくできればいいんです。ナッツなんかは袋に入れてコップなどで潰すのもアリですね^^

まぁフードプロセッサーがあれば、簡単にすばやくブリスボールを作ることができます。

用意するもの

  • 材料を細かくする道具・・・フードプロセッサーなど
  • ナッツ・・・アーモンドやカシューナッツ、ピスタチオなど好きなもの
  • ドライフルーツ・・・プルーン、マンゴー、ベリーやいちじくなど
  • シリアル・・・オートミール、ミューズリー、グラノーラなど
  • 仕上げのパウダー・・・ココア、シナモン、抹茶など

材料にアーモンドやクルミなどビタミンEやB類が豊富なナッツを使えば美容やダイエットにおすすめだし、食物繊維が豊富で低GI食品のオートミールを混ぜれば、さらに太りにくいお菓子になります。

Sponsored Link

作り方

  1. すべての材料をフードプロセッサーなどで細かくする。
  2. 手やスプーンなどで食べやすい大きさに丸める。
  3. 冷蔵庫に入れて固める。
  4. 固まったらお好みのパウダーをまぶす。

特に難しいことはないので簡単にできると思います。ダイエット中もOKだし、健康にも最適!ましてや美味しいとなったらフードプロセッサーが無い人は購入しちゃいましょう。もっと簡単にできるようになります。

お好みのスーパーフードを混ぜて^^

マキベリーパウダー
さて、材料と作り方はお分かりいただけたと思いますが、ここでもうひとつ!自分だけのオリジナルにするためにスーパーフードを足してみましょう^^

流行りのスーパーフードとは、簡単に言うと他の食材より栄養価が高く強い抗酸化作用がある食べ物のことです。

例えば、どんな物があるかというとお馴染みのチアシードやアサイー、ココナッツやゴジベリー(クコの実)、マキベリー、マカ、麻の実などがそうです。

このスーパーフードをブリスボールの材料に使えば太りにくくなるどころか、健康まで手に入ってしまいます。いくつか紹介しますね♪

ナッツ

  • くるみ(ビタミンEが豊富でアンチエイジングにおすすめ)
  • アーモンド(ビタミンB類が豊富で美容におすすめ)
  • ココナッツ(中鎖脂肪酸が豊富でダイエットにおすすめ)

フルーツ

  • ゴジベリー(βカロテンが豊富で美肌におすすめ)
  • ゴールデンベリー(イノシトールが豊富で美容におすすめ)
  • マキベリー(高い抗酸化作用でアンチエイジングにおすすめ)

パウダー

  • アサイー(抗酸化作用と鉄分や食物繊維やビタミンEも豊富)
  • マカ(ミネラルが豊富で冷え性や生理不順におすすめ)
  • カカオ(ポリフェノールが豊富でリラックス効果も)

自分の目的や好みに合わせて、色々な材料をブレンドしてブリスボールを作ってみてください!フルーツグラノーラを使うのもアリかも^^

最後に 

046
日本で始めてケータリングサービスのメニューとして扱ってるお店が東京にあるので会社の催しやパーティーの際に相談すれば地方でも来てくれるかも。

そしたら本格的なブリスボールを味わうことができると思います。

材料にこだわって便秘解消やデトックスといった効果も期待できるブリスボールを作ってみてはいかがでしょうか^^

ちなみにブリスボールは「罪悪感ゼロのおやつ」と呼ばれてます。

Sponsored Link

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

スポンサードリンク

関連記事

牡蠣

牡蠣は海のミルク!食べ方はフライパンかレンジで~簡単で超うまい~

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど滋養強壮に効果があるんですよ^^ それに免疫力を高めたり、肝機能

記事を読む

はちみつ

タイムハニー[オーガニック]の効果・効能~抗酸化作用はNO1~

タイムハニーは、その名のとおりハーブのタイムの花からハチが集めたハチミツのことです。 マヌ

記事を読む

雑穀米

雑穀米は危険?食べ方によっては危険かも^^;安全な食べ方紹介♪

雑穀米はダイエットや健康に良いと言われていますよね? たま~にテレビでも、いつまでも若々し

記事を読む

へしこ

鯖のへしこの食べ方と栄養!乳酸菌と不飽和脂肪酸のコラボ^^

鯖のへしこ!聞いたことあります?福井県の郷土料理です。 丹後半島の伝統料理で冬の保存食とし

記事を読む

ペヨング

ペヨング?ペヤングのにせもの?本物です!その違いは?

ペヤング!あの、まるか食品が40年前に発売した大人気のカップやきそばです^^ 子供のころ、

記事を読む

白菜

キャベツと白菜の栄養価は?効能や効果をみるとどっちも美容に最適^^

白菜やキャベツなどの葉物野菜が安くなってきました^^ ちょっと前まで高騰してて買うのを躊躇

記事を読む

さんま

さんま刺身~おろし方は簡単!汚れないおろし方とさんまの栄養~

秋の味覚の代表といえばさんま!せっかく生さんまが手に入るんだから刺身で食べたいもんです^^ 主

記事を読む

メープルシロップ

メープルシロップとはちみつの違い~カロリーは?ダイエットならどっち!?~

メープルシロップ・・・私はてっきり人口甘味料だと思ってました^^; でも良く見てみたら樹液

記事を読む

冷ご飯

冷やご飯ダイエット~レジスタントスターチは痩せるデンプン?~

冷やご飯を食べると痩せる?いやいや太りにくいと言った方がいいかもしれません。 でも食べ方次

記事を読む

ココナッツ

ココナッツミルクはコンビニでも人気!~ブルボンココナッツミルク~

ブルボンの常夏ココナッツミルクはコンビニでも買える夏限定の商品です。 気になる味ですが、ココナ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

口
口内フローラの増やし方は簡単!ウイルスや雑菌を防ぎ口臭も改善!

口腔内の細菌の集まりが口内フローラです!口内の細菌は病原菌やウイル

冷ご飯
冷やご飯ダイエット~レジスタントスターチは痩せるデンプン?~

冷やご飯を食べると痩せる?いやいや太りにくいと言った方がいいかもし

食べる
太らないお菓子は手作り!ブリスボール作り方[超簡単で美味しい^^]

太りたくない!痩せたい!そう思いダイエットに励みますよね?そして、少し

病気
イナビルの効果は?持続時間はいつまで?予防にもおすすめ!

毎年、インフルエンザは多かれ少なかれ猛威を振るいます。正直、インフルエ

スリム
簡単に拒食症になる方法!1ヶ月で5キロ痩せる食事法!プチ拒食!

何回、ダイエットに挑んでも「痩せられない」そんな人の頭をよぎるのが

→もっと見る

PAGE TOP ↑